水の管理が重要

熱帯魚を飼育する時は大きな水槽が良い

熱帯魚の飼育は知識さえあれば簡単です。ここでは熱帯魚を飼育する時に知っておいた方が良い情報を紹介します。熱帯魚の飼育温度は24〜30度の範囲です。グッピーやネオンテトラなどの小型の熱帯魚は24度の水温が良いのです。ディスカスは高温で飼育する事が大切なので、30度で飼育すると良いのです。 熱帯魚を飼育する際には水槽は大きいサイズを選ぶ事が重要です。水槽が大きい事で水が安定するからです。熱帯魚にとって水が急激に変わる事で調子をくずしてしまう事がよくあるのです。そうならないためにも、水槽を大型のサイズにする事が大切なのです。大型の水槽は水量が多いため水が安定するのです。ですから水換えをする場合でも水質が変わらないのです。

水換えは水温を合わせる事が大切

また水槽の水換えをする場合は、水道水を直接入れるのは避ける事が重要です。水道水にはカルキが入っており、熱帯魚にとっては有害なのです。そのため水道水のカルキを抜くために、バケツに一日以上入れておいた水を使用する事が大切です。また水道水と飼育の水温が大きく違う場合には、水温を同じ温度に合わせて、水を水槽に入れる事が重要です。 こうした水換えをおこなう事により、熱帯魚に負担をかけないため、元気な姿を見る事ができるのです。餌は5分ほどで食べられる量を一日に数回与える事が大切です。残った餌は水を汚してしまうため、すぐに取り除く事が重要です。水が汚くなった場合は、ろ過装置に頼るよりも、水換えをする事で綺麗にした方が早いのです。